ひやま歯科クリニック
のインプラント治療の特徴

骨を増やしてインプラントを埋め込むのも可能

インプラント治療を受けるには、インプラントを埋め込むために一定量の骨が必要です。歯周病といった病気が原因で歯槽骨が薄くなってしまった場合は、すぐにインプラント治療を受けられません。ひやま歯科クリニックでは、骨を厚くする治療をしてインプラントを埋め込むのに必要な骨を確保する手術が受けられます。骨量が不足していても骨が増えればインプラント治療が可能です。悩んでいる方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

できるだけ痛みを少なくした治療

ひやま歯科クリニックでは、痛みをできるだけ少なくした治療を心がけています。インプラント治療は外科手術を行うので、痛みを伴うものです。治療による痛みがある場合は、麻酔を使用。歯茎に麻酔薬を塗って注射の痛みを和らげる表面麻酔を使用したり、コンピュータで自動制御された痛みを感じにくいゆったりとした速度で注射する電動麻酔器を使用したりします。注射の針は超極細のものを使用しているので痛みは少なめです。

高水準の滅菌器を導入

日本の歯科医院の7割は治療器具を適切に処理していないと言われています。適切な処理とはアルコールで拭き取るような消毒ではなく滅菌のこと。消毒は感染力を低下させるだけであって、完全な無菌という状態ではありません。感染症を防止するためには、全ての菌を死滅させて除去する必要があります。ひやま歯科クリニックでは、小型高圧蒸気滅菌器を導入して、あらゆる機材を滅菌。インプラントはプラークによる炎症のリスクがあるため、衛生管理を徹底しているのは信頼できるクリニックと言えるでしょう。

ひやま歯科クリニックのインプラント治療の費用

※要問い合わせ

ひやま歯科クリニックに所属している医師

檜山雄彦院長

歯科大学を卒業してからは、歯科大学の総合診療科で研修医となり、歯科治療の基礎を学び、たくさんの経験を積みました。大学を離れてからは、地域の人々の役に立てる歯科医師になろうと決意し、都内の歯科医院に勤務ののち、2008年にひやま歯科クリニックを開業。患者さんに満足してもらえる技術とサービスを提供するのをモットーにしています。

治療を受けた人からの口コミ・評判

  • 他の歯に悪影響が出る可能性があると先生に言われたので、入れ歯ではなくインプラントにすることにしました。手術は麻酔が効いていたので痛みを感じず、あっという間に終了。インプラントは普通の歯と同じように扱って大丈夫とのことなので、とても気が楽になりました。
  • 今まで義歯を装着していましたが、食べ物の味が分かりづらく、喋りづらかったので、余計な神経を使ってしまうので困っていました。そんなときに先生からインプラントの話を聞いて治療をお願いすることに。今では味が分かるという食に対しての喜びと、会話も普通に楽しめる喜びでいっぱいです。
  • インプラント治療を受けると職場の人に話したら失敗した人の話を聞いたのでとても不安でした。手術は何事もなく無事に終わり、その後の経過も特に問題ありません。快適に食事ができるようになってとても嬉しいです。

クリニックの基本情報

クリニック名 ひやま歯科クリニック
住所 神奈川県川崎市川崎区昭和2-9-7 フォルゴーレ川崎
アクセス 京浜急行電鉄「産業道路駅」出口より徒歩7分
休診日 日曜・祝

診療時間

時間 / 曜日
9:30~13:00
× ×
14:30~19:00
× × ×
川崎市のクリニックを
もっと探す

地図