インプラント治療に欠点はある?デメリットのまとめ

ここでは、インプラントの治療の欠点に注目をおいて紹介しています。しっかりデメリットも把握していきましょう。

知っておきたいインプラント治療の欠点・デメリット

インプラントをすることで、素敵な口元を演出させることができます。ただし、気をつけたいこと、注意したいことなどもあります。

外科手術が必要

インプラント治療の欠点とはインプラントは、あごの骨にチタン製の人工歯根を埋め込むため、最低でも外科手術を1~2回は受ける必要があります。完全に自分の歯として馴染むのが3か月~半年といわれていますので、時間がかかってしまうのもデメリットといえるかもしれません。

カウンセリングや診察をして、万全な態勢での手術になりますが、医師の腕によっては炎症をおこしたり、感染症・合併症のリスクなども伴います。

術後には少しの痛みと腫れを感じ、長い人で5日ほど続く人もいるそうなので、気になる人は手術後にゆっくり休める日にした方が良いでしょう

費用が高額

例外もありますが、基本的にインプラントは自由診療で保険がききません

2014年に日本インプラントセンターがとった統計によると、平均的に1本30~35万円とかなり高額。術後も半年~1年に1回のペースでお手入れする必要があるので、その時にかかる費用もふまえておく必要があります。

実際にあったトラブル

 
  • インプラントの歯がグラグラする
    ねじが緩んでいる・セメントがとけてしまっているなど、色んな要因が考えられます。インプラントの基盤であるインプラント体が悪いと、一度抜いて再度治療が必要な場合もあります。放っておくと折れてしまう可能性もありますので注意が必要です。
  • 食べ物がつまりやすい
    自然の歯とまったく同じにはならないため、多少歯茎と歯に隙間ができてしまうようです。ある程度は詰まったら歯を磨いて対処することで解決できますが、あまりに気になる場合は修正を行ってくれるところもありますので、一度確認してみましょう。
  • 噛んだ時に違和感
    自然の歯は、あごと歯の間に歯根膜というクッションの役割をもつ膜があります。それに比べてインプラントは歯根膜がないため、噛んだ衝撃が直に伝わります。そこに違和感をもつ人も多いようですが、問題はありません。ただ強く噛みすぎると歯が欠けてしまうこともあるので注意しましょう。

インプラント治療には欠点もありますが、それをカバーできるメリットがあるのも事実です。

満足のいくインプラントにするために一番大切なのは歯科選び。しっかり症例があるところや、良心的な費用、先生の腕などチェックして、素敵なインプラントライフを送りましょう。