インプラント治療ナビTOP > インプラント治療大辞典 > 歯周病でもインプラントはできる?

歯周病でもインプラントはできる?

このページでは、多くの人が気になるインプラントの痛みについて解説します。

歯周病でもインプラントは可能?
インプラントと歯周病の関係

歯周病だとインプラントにできないのでは、と不安に思っている人もいるでしょう。歯周病はインプラントをする際のデメリットとなります。歯周病とはどんな病気なのか、インプラントにしても歯周病になるのか、気になっている人もいるでしょう。歯周病のもたらすデメリットをはじめ、歯周病とインプラントとの関係について解説します。

歯周病は健康な歯の大敵

歯周病とは?

歯周病とは、歯と歯茎の隙間から細菌が侵入し、歯肉に炎症を引き起こす病気のことです。症状が進行すると歯を支える骨が溶け、歯がぐらついたり、抜けたりすることもあります。歯周病の初期には痛みなどの自覚症状がありません。最初は軽い歯肉炎からはじまり、歯周炎、さらに歯周病へと進行します。歯肉がむずがゆい、歯肉から出血するという症状が現れはじめたときには、症状がかなり進行している状態です。

歯周病の原因

歯周病の原因は細菌です。口の中の細菌が、歯と歯茎の間で歯垢となり、歯周病の原因菌が増殖することで起こります。歯周病の原因菌は毒素を持っており、この毒素が歯茎の炎症を起こし、歯周組織を破壊するのです。原因菌が口内に存在しなければ、歯周病になることもありません。原因菌は、食器の共有やキスなどによって、ほかの人から感染する可能性もあります。歯磨きが十分でないと、繁殖してしまうので注意しましょう。

歯周病はインプラント手術の前に治そう

インプラントは細菌に弱い

インプラントというと、虫歯にならない強い歯という印象を持つかもしれません。しかし、インプラントは天然の歯よりも、歯周病になりやすいのです。天然歯には骨との間に、歯根膜という組織があります。血液供給はその膜からされるのですが、インプラントの場合、その歯根膜がありません。歯肉は歯槽骨と呼ばれる顎の骨も血液から栄養を補充し、抵抗力を高めています。インプラントは血液供給がされないことから、天然歯よりも抵抗力が低く、細菌に感染しやすいのです。

インプラントは虫歯にはなりませんが、歯磨きが十分でないと、インプラントの根本に歯垢がたまっていきます。徐々に症状が悪化していくと、歯周病菌が繁殖し、インプラントを支えている骨が溶けてしまいます。その結果、インプラントを支える骨がなくなり、インプラントがぐらついて抜け落ちてしまうことも。インプラントの場合も、細菌には十分に注意が必要です。

かみ合わせにも問題

歯周病はかみ合わせにも影響するため、インプラントにもデメリットとなります。歯周病になると歯が抜け落ちてしまったり、歯が傾いてしまったりすることがあり、それが原因で上下のかみ合わせがズレてしまうという問題が生じるのです。かみ合わせがズレてしまうと、インプラントをする前に位置の調整が必要となります。口の中の形から、かみ合わせの関係を把握しなければなりません。シミュレーションをしたり、仮歯や入れ歯を入れたりして、正しいかみ合わせができる歯並びを見つける作業が必要となります。

この作業はドクターの技術が問われるところなので、経験豊富なドクターに任せたいところです。未熟なドクターの場合、せっかくインプラントを入れても、食事をスムーズにできなかったり、歯周病になりやすかったりして、結果インプラントが抜け落ちてしまうということになります。もともとかみ合わせが正常であれば、このような作業の手間やリスクを減らすことができて安心です。

インプラント前に必ず歯周病治療を

歯周病で歯が抜け落ちてしまうことと同じように、インプラントも抜け落ちてしまうという危険性があります。だからといって、歯周病の人が全員インプラントできないわけではありません。インプラントを挿入する前に、歯周病を治療すれば良いのです。歯周病で歯を失ったところにインプラントを挿入しても、デメリットが多くなるばかり。歯周病であれば、ほかの歯も歯周病になっている可能性が高いです。歯周病の治療を行うことは、ほかの歯の治療も行うことであり、口の中の健康につながります。

歯周病の状態のままインプラントを挿入しても、インプラントの周辺の歯肉に悪い影響を与え、さまざまなトラブルが発生することになりかねません。インプラントが抜け落ちてしまうという、最悪の結果を招くこともあります。インプラントを挿入する前には、歯周病の治療をしっかり行いましょう。再発防止のため、治療が終わったあとも歯磨きをしっかり行うことが大切です。

歯周病治療からインプラント手術まで

具体的な歯周病治療の内容について見ていきましょう。

  • 検査
    まずは検査から行います。歯や歯槽骨の状態を把握するためレントゲンを撮影するとともに、目視で状態を確認。さらに専用器具で歯周ポケットの測定、歯のゆれなども検査し、骨がどれくらい浸食されているかを確認します。その後の治療のため、歯周病の進行がどの程度なのか、正確に把握することが必要です。
  • 歯石の除去
    次に歯石を取り除きます。歯周病の原因となる歯石を徹底的に除去することが、治療の基本です。初期であれば歯の表面を除去すれば良いのですが、症状が悪化している場合は、麻酔を使い歯周ポケットの奥まで歯石や歯垢を取り除かなければなりません。ポケットが深ければ歯肉を切開し、除去します。さらに重度の場合は、歯肉の内側に薬剤を入れて歯槽骨を回復させる治療や、歯肉に特殊な膜を作って修復する治療を行うことも。また、骨量が不足している場合は、再生誘導法やサイナスリフトといった、骨を増やす治療が必要となります。
  • 手術
    手術前の治療が終わったら、インプラントを顎の骨に埋め込む1回目の手術です。術後1~2週間で抜糸し、上あごなら4~6ヵ月、下あごなら2ヵ月程度、経過を観察します。2回目の手術で歯肉を切開し、アパットメント・仮歯を装着。2~4ヵ月後、型取りをして人工歯を作成し、かみ合わせを調整します。1ヵ月後に装着です。治療後は、1ヵ月後、3ヵ月後、6ヵ月後に定期健診およびメンテナンスを行います。

インプラントが歯周病になることも

インプラント周囲炎とは?

インプラントを挿入できたからといって、その後のメンテナンスが不十分だと、インプラントが歯周病になることがあります。インプラント周囲炎とは、細菌の感染によって歯肉や歯周組織に炎症が起こる疾患です。インプラントには歯根膜などの栄養を補充する血管が周囲になく、抵抗力が弱い傾向にあります。インプラント周囲炎などになると、急速に炎症が広がり、重症化しやすいので注意しましょう。

インプラント周囲炎は、プラークや歯石の中にある細菌が原因で起こります。歯磨きだけでは口の中の汚れを100%落とすのは難しいものです。デンタルフロスで歯の隙間の汚れを取るものおすすめ。さらには定期的に歯医者さんで歯の汚れを落とし、メンテナンスをすることが大切です。

自覚症状がない

インプラント周囲炎には自覚症状がありません。天然の歯で起こる歯周病と同じように、沈黙の病といわれています。本人が気づかないうちに症状が進行し、気がついたときには症状が重症化していることが多いのです。歯茎が腫れたり、歯茎から出血したりといった症状があれば、すぐに治療が必要になります。

歯茎から出血するなどの症状が起こってしまった場合は、自然に治ることはありません。歯科医院に行って、専門家による治療を受けるようにしましょう。治療が不十分だと、せっかく挿入したインプラントが抜け落ちてしまう危険性もあります。5年間で4分の1以上の人がインプラント周囲炎を起こしているといわれているので、早めのケアが必要です。

インプラント周囲炎の治療

インプラント周囲炎の治療法は、歯周ポケットの段階によって異なります。歯周ポケットが3mm以下であれば、PMTCという治療法を行うことが多いです。PMTCとは、専用器具を用いて、歯の表面と歯周ポケットの内部に付着している細菌を除去する治療法。歯周ポケットが深い場合は、薬剤で歯周ポケットを洗浄し、薬液による口洗をします。

さらに歯周ポケットが深い場合は、レントゲンによる検査をして骨に吸収がないかどうかを確認することも。骨吸収がある場合は、PMTC、薬液による歯周ポケット洗浄や口洗、全身あるいは歯周ポケット内部に抗生剤を使用するといった治療を行うのです。骨の吸収が著しいなど、より症状が悪化している場合は、外科処置を行います。

歯周病は予防が大切

セルフケア

インプラントは治療前にも治療後にも歯周病予防が大切です。口の中の健康を守るためにも、歯周病予防のためのセルフケアをしっかり行いましょう。

基本的なセルフケアは毎日のブラッシングです。歯周病の原因となるのは、歯垢にたまった病原菌。菌を繁殖させないためにも、正しいブラッシングが必要となります。ブラッシングのポイントのひとつは、適切な歯ブラシを選ぶことです。大きすぎず、やわらかめの毛が良いでしょう。毛先が広がるとしっかり磨けないので、歯ブラシはこまめに交換してください。やわらかすぎると歯垢を落としにくいため、適度にやわらかい歯ブラシを選ぶようにしましょう。

歯と歯茎の間の歯垢を意識し、歯面に対して45度に傾けて磨くことも大事です。力を入れすぎると、歯茎を傷めてしまう可能性があるので、毛先がしならない程度の力で磨きましょう。また、歯磨き粉のつけすぎは禁物です。

さらに、夜寝る前に甘いものを食べないといった基本的なことを守りましょう。禁煙をする、口呼吸をしないといったケアも大切です。

歯科医の定期健診

歯周病の予防のためには、セルフケアと歯科医の定期健診が必要です。自分で行うブラッシングだけではどうしても磨き残しができてしまいがち。歯科医で定期健診をすれば、磨き残しをチェックし、汚れや細菌をきれいに取り除いてくれます。

歯科医ではさまざまな専用器具と、フッ素入りのペーストを用いた方法で、歯の表面や歯周ポケットの汚れを取り除く方法を取り入れているケースが多いです。歯周病の原因となる歯石は、約2ヵ月でたまるといわれています。歯石を取り除くためにも、1~3ヵ月に1度は、定期健診に行くと良いでしょう。

歯科医に定期健診に行くと、自分のブラッシングがどれだけ不十分かという点も指摘してくれます。正しいブラッシングの方法を教えてもらうのもおすすめです。また、定期的に専門家の指導を受けることで、歯に対する意識を高く持つことができるでしょう。油断していると、歯周病になる可能性が高まります。歯周病にならないためにも、セルフケアとともに定期健診を習慣にしましょう。