一発理解!インプラントの費用まるわかりガイド

インプラントにかかる費用相場や治療内容毎の料金、保険診療の有無やローンなど、お金に関する様々な疑問に明確にお答えするガイドページです。

インプラントまつわる費用について、徹底解剖!

インプラント治療は、健康保険が適用されない自由診療なため、歯科医院やクリニックが独自に料金設定をしています。

ここがインプラントにかかる費用がいいまひとつ複雑で、分かりにくいところでしょう。この機会にその費用についての疑問を解消するべく、皆さんが「?」と思われている内容について解明したいと思います。

具体的には、費用相場やインプラント治療にかかる費用の内訳、保険について、医療費控除などの税金問題、デンタルローンの取扱、メンテナンス費用について、項目をわけてひとつずつ解説していきます。相場よりも安いインプラントの実態など、すこしばかり踏み込んだ内容も採りあげています。

インプラント治療が初めての方がよく陥りがちなのは、インプラント単体の費用だけを調べて判断してしまうことです。インプラントは、診断や手術、術後のメンテナンスを総合的に考えて費用算出するべきですなのです。

この点をしっかりと説明して、料金提示してくれる歯科医院やクリニックが優良と言えるでしょう。

 

Q インプラントの相場はいくら?

A
インプラント1本あたりの平均費用は約32万5,000円です。(日本インプラントセンター調べ・2014年)
しかし、安いものだと14万円前後から、高くて50万円以上まで、クリニックによって大きく異なるのが現状です。
メンテナンスを含めたトータル費用についても考える必要があります。

なぜインプラントの相場に差があるの?

 

Q インプラント治療の内訳は?

A
インプラントに必要な費用には、本体そのものだけでなく仮歯や上部構造の費用、また、診察費や麻酔代、薬代などが含まれます。
これらに加えて、予備治療の治療費が必要になる場合もありますので、しっかり説明を受けましょう。
おおよその金額を以下のページにまとめています。

治療内容と金額について詳しく見る

 

Q 保険は使える?

A
インプラントは基本的に自由診療ですので、保険は適用されません。
ただし、病気や事故による治療の場合、国が定める一定の条件を満たしているとインプラントにも保険が適用されます。
また、加入している民間の保険会社によっては、治療費の一部がおりる場合もあります。

インプラントに保険が使えるのはどんな場合?

 

Q 医療費控除で安くなるって本当?

A
本当です。一緒に生活している親族の所得合計が200万円以上で、医療費の総額が10万円を超えた場合、税務署に申告すると、税金の還付や住民税の減額というかたちで医療費の控除を受けることができます。
具体的な条件や控除額の算出方法、注意点などについて、以下のページで説明しています。

インプラントはどれくらい医療費控除できる?

 

Q デンタルローンってなに?

A
歯科医療専門のローンです。一般的なローンと同様、ローン会社に費用を立て替えてもらい、月々決められた金額をローン会社に返済するという仕組みです。これにより、高額なインプラントも無理なく受けられます。
ローンの手順や借りられる金額、返済モデルケースなどを以下のページにまとめました。

デンタルローンの条件や利用可能な金額は?

 

Q メンテナンスにかかる費用は?

A
クリニックによって異なりますが、レントゲン費や調整料を合わせて1回約5,000円です。
最初の1年は15,000~20,000円、以後は年に1度の頻度になるので、年間で5,000円ほどになります。
仮にインプラント生活が20年続くとしたら、トータルで10万円以上と見積もりましょう。

メンテナンスの詳しい内容は?

 

Q 相場より格安なところがあるのはなぜ?

A
主に安価な素材を使用したり、設備投資費を抑えるなどして、格安インプラントを実現させているようです。安全面を考えるとおすすめはできません。
また、予備治療費やメンテナンス費が高額という場合もありますので、注意しましょう。
以下のページに、格安の理由や問題点・注意点をまとめました。

格安インプラントの安全性の見極め方とは