相場よりも格安でインプラントできるところがあるのはなぜ?

インプラント治療は費用面においても価格差があります。相場と比べて格安なインプラントの問題点を考察してみました。

格安のインプラントはおすすめできません

インプラントの全国的な平均治療金額は1本あたり32万5,000円くらい。この価格を基準に考えればよいのですが、インターネットで格安のインプラント治療をしているところを探してみると、10万円台前半で治療をしている歯科クリニックも多々ありました。

この価格差は、なぜ生じるのでしょうか?決して安くないものですから、ついついリーズナブルなインプラントに流れてしまいがちですが、価格だけで決めてしまうのはちょっと怖い。インプラントは外科手術だし、長く口の中に入れておくものですからね

結論から言えば、格安だからと費用だけでインプラントを決めるのは、ちょっと待ってください。価格差が生じる原因を探ってみましたので、これらの点を考えてからクリニック選びをしても遅くはありませんよ。

格安インプラントはこうして生まれる

なぜ巷には、格安を前面に出すクリニックがあふれるのでしょうか。その理由は、いくつか考えられます。

実績のないインプラントに注意

全世界で100種類以上のインプラントがあり、そのうちの約30種類が日本で主に使われています。その中には耐久に問題があったり、品質自体に難があると言われているものがあります。こうしたインプラントを使えば格安で手術ができるという訳です。やはりインプラント業界で実績があり、学会といった専門機関からも推薦されている製品を選んだほうが間違いが少ないでしょう。

手術室は独立していますか?

インプラントは外科的手術のため、減菌されたクリーンルームでの手術が望まれます。独立した手術室を構えているクリニックならよいのですが、設備投資を抑えて、その分インプラント費用を安くしているところもあります。そうしたクリニックでは、清掃をきっちり行い、手術に適した環境になるよう努めて治療を行なうそうですが、患者サイドとしては心配が残りますよね。

最新の歯科医療機器が完備されているかチェック

インプラントのための設備がしっかりと整っているかどうかをみてください。これらの医療機器はとても高価なため、そのクリニックの治療充実度がわかります。歯科用のCTや殺菌システム、麻酔機などが揃っているか、まずはチェックしてみてください。

治療期間が短期すぎるという心配

ことインプラント治療では、カウンセリングからアフターメンテナンスまでを含め、それ相応の時間がかかることを念頭においておきましょう。短期間治療を売りにしているクリニックは、スピード治療で多くの人を診察・治療することで治療費を稼いでいることが多く、これでは安心して治療をうけることができません。見極めは初回カウンセリンです。この時、流れ作業的ではなく、じっくり時間をとって話を聞いてくれるクリニックなら、治療も丁寧に受けられるでしょう。

保証期間が確保されているか?

インプラント治療では、トラブルが発生した際にある一定の期間は無料保証される制度が一般的です。ただ格安インプラントを謳っているクリニックでは、保証の加入は無料でも、修理費用の一部負担金が年を増すごとに増えるシステムになっている場合があります。こうした保証では、治療後すぐに不具合が発生した際でも、治療費の一部を負担しなければいけません。結果高くつくことになってしまいます。

メンテナンスが高額という場合もあり

インプラント治療自体は格安でも、その後のメンテナンス費用を高額に設定しているクリニックもあります。治療を始める前に必ずメンテナンスにかかる費用や通院する回数などを確認してください。