インプラント手術の種類~オールオン4による治療方法~

費用も経済的で、負担も少ないインプラントの種類であるオールオンフォー(All on 4)についてリサーチしました。具体的なメリットや、手術方法をはじめ、費用緒相場も調べましたので、是非ご覧ください。

インプラントの種類別手術方法・オールオン4の特徴や費用

オールオン4は、インプラントの手術方法の種類のひとつで、4本のインプラントで10~12本の歯を作る方法です。10本~12本の歯を並べてつくる方法ですから、対象になるのは自分の歯がない方に限られます。

インプラントは、通常1本の歯を埋め込むのに1本のボトルが必要です。オールオン4は、4本のボトルでたくさんの歯を支えることが出来る方法ですから、手術の負担や術後の負担をかなり減少させることが出来る優れものなのです。

上は頭蓋骨に埋め込みをし、下は骨密度が高い丈夫な骨にボトルを埋め込みます。特に両端の2本は長めのボトルを使用し、噛むときの衝撃を受けても大丈夫なつくりになっています。

1本ずつのインプラントは、奥歯など神経が多く通う場所にもボトルを埋め込む必要がありますし、最悪の場合神経の移植手術が必要な場合も。費用も高額になりますから、それを考えると、安全で経済的な方法といえるかもしれませんね。

オールオン4のメリット

オールオン4は、患者の負担を最小限にできるメリットが多数あります。

手術や術後の負担が減る

インプラントを行う場合、骨造成などの手術や切開が必要になるなど、体に負担がかかるケースも。オールオン4なら、歯茎の切開が必要でないことが多いため、術後の腫れや痛みも抑えられます。手術時間も短いので、患者さんの負担も軽くなるでしょう。

インプラントの数が少ないため、費用を削ることができる

通常のインプラント治療は上下それぞれに8~12本の施術が必要です。装着する歯の素材にもよりますが、費用は1本30万円としても総額360万程度。しかし、オールオン4では最小限の本数の埋入ですむため、費用を大幅に抑えることが可能です。

入れ歯と違って口の中で動かない

仮歯の取り付けが終了したら、その日から簡単な食事を始めることができます。仮歯はインプラントに固定されている状態のため、入れ歯のように口の中で動くことはありません。ただし、しばらくの間は柔らかいものを食べるように意識しましょう。

手術当日に歯をいれることができる

上顎、下顎とも同時に施術することが可能です。手術当日にインプラントを埋入できるため、入院の必要はありません。すべての歯に施術が必要な従来の方法よりも、治療期間が大幅に短縮できるのです。施術後は固定式の仮歯をセットし、一定期間過ごします。

総入れ歯の方の、固いものを「うまく食べられない」、入れ歯があたって「うまく言葉を発音できない」などの悩みも解消することが出来ます。

オールオン4のデメリット

治療費用が安くなり、期間も短いなど多くのメリットがあるオールオン4ですが、注意しておきたいこともあります。

  • 外科手術が必要になるため失敗のリスクもある
  • 天然の歯が残っているときには手術ができない
  • 高度な技術が必要なため、日本では対応している医院が少ない

オールオン4の費用相場は

オールオン4は、保険適用外のため費用は上顎・下顎それぞれ150万円ほどが費用の相場。内訳は、画像での診断、当日の仮歯の作成、メンテナンスの用具なども含まれているようです。

インプラント1本の平均が30万円ですから、12本すべてインプラントを入れようとすると360万円かかる計算になります。それを考えると、オールオン4は10~12本で150万円ですから経済的といえますね。