インプラント手術の種類~ノーベルガイドによる治療方法~

インプラントの手術方法のひとつであるノーベルガイドについて調べて見ました。他の手術との種類の違いや、メリットなどについても紹介していきます。

インプラントの種類別手術方法【ノーベルガイドの場合】

インプラントの種類 - ノーベルガイドノーベルガイドとは、CTスキャンで撮影した画像をもとに3D画像を起こし、コンピューターを用いて作られるガイドシステムのこと。インプラントの埋入場所や角度などが記録されるため、埋入の際の傷を最小限に留めることができるのです。

ノーベルガイドをかぶせて、穴が開いている所にボトルを埋め込んでいくだけなので、1本ずつのインプラントと比べると手術の難易度は低くなります。

ノーベルガイドの手術方法

ノーベルガイドの手術方法は次の流れで進行します。

  • CT撮影

    正確な診断のため、CTスキャンで撮影します。CTにより3次元で骨の形状を把握できるため、安全な治療の実現につながるのです。

  • 3D画像作成

    CTのデータをもとに、インプラントの埋入ポイント、上部構造の形状などを考慮した埋入シミュレーションを作成していきます。機能性・審美性に優れた治療のために必要な工程です。

  • ガイド作成

    コンピューターで作成したシミュレーションをもとに、治療に使用するガイドを作ります。こちらの工程は一人ひとりの患者さんに合わせるためオーダーメイドです。

  • ガイドの装着・手術

    ガイドを装着し手術します。ガイドがあることで余計な切開をすることなく、インプラントを埋め込むことが可能です。また、治療時間の短縮にもつながるため、患者さんの負担も軽減されます。

  • 最終補綴物の装着

    埋入したインプラントに最終補綴物を装着し、治療は終了です。

ノーベルガイドのメリット

ノーベルガイドには、患者さんにとって大きなメリットがあります。

  • 正確な手術が可能で時間を短縮できる
  • ダウンタイムが短く、痛みや晴れを軽減させる
  • 負担が少なく、高齢者でも受ける事ができる。
  • 通院の回数が少なくなる
  • 単純な手術になるため、ミスが起こりにくい

事前に作っておいた歯(約10本~12本)を手術当日に入れることができるのが嬉しいポイント。インプラントは、ボトルをいれる日と歯をいれる日を必ず分けられてしまうので、いち早くきれいな歯をいれたい方にもオススメです。

ノーベルガイドのデメリット

正確で短時間治療が可能なノーベルガイドですが、受けるにはいくつかの制限があるため押さえておきましょう。

  • まだわずかな歯科医院でしか行われていない
  • 骨量が十分になければ施術を受けることができない
  • 1本の歯につき3~5万円ほどかかるため費用は高額

ノーベルガイドの費用の相場って?

先ほども紹介したように、ノーベルガイドは日本ができるクリニックは少数で、残念ながら保険がきかないので高額になってきます。

1本の歯につき3~5万円ほどが平均費用です。何本かまとめてやる人は、片顎で20万円前後が平均となります。

内訳は、CTのスキャン代とコンピューター上でシミュレーションを行う費用、サージカルテンプレート(歯茎にかぶせる型)作成代など。インプラント(歯茎に埋める土台)の平均相場が約30万円ですから、50万円くらいかかってしまうのが現状です。

あくまでも相場ですので、治療を開始する前にしっかりと医師に確認してみてくださいね。