インプラント手術の種類
サイナスリフト・ソケットリフトの治療方法や口コミ

サイナスリフトとソケットリフトについて調査しました。具体的な施術の流れや特徴、手術を受けた人からの口コミ、費用相場などを掲載しています。

インプラントの種類別手術方法まとめ
~抜歯即時インプラントの特徴や口コミ~

サイナスリフト・ソケットリフトは、インプラントの種類のひとつ。いずれにも共通しているのが、骨を補強しておこなう手術方法ということです。

一般的に、インプラントを差し込める位の骨の厚みはみんな持っているのですが、歯がぬけて時間がたっている人や、歯周病などにより骨が減ってしまっている人がいます。

骨の高さが足りず、差し込むボトルが飛び出てしまう形になると、土台が安定せず取れてしまう恐れもあるため、骨を足して補強するのです。

サイナスリフト・ソケットリフトの特徴をそれぞれ見ていきましょう。

ソケットリフトの手術の流れ(非切開方法)

高さが足りない場所に、人工の骨補填材を注入。十分な高さになるまで、専用の器具で注入した骨補填材を押し上げていき、持ち上がり切ったらインプラントの埋め込みます。

骨補填材は約5か月で骨に変化。サイナスリフトに比べて、負担が少なく安全なため、ほとんどの場合はソケットリフトが使用されています。

サイナスリフトの手術の流れ(切開方法)

高さが全く足りない場所の歯茎を切開。歯茎をめくりあげ、人工の骨補填材をたくさん注入し骨の厚さを足していきます。

手術から約半年間は骨に変わるのを待ち、土台になったことを確認できたらはじめてインプラントを埋め込んでいきます。

ソケットリフトでは補えないほど骨が少ない方は、サイナスリフトで対応できますが、大掛かりな手術になるためあまりオススメはしません。

サイナスリフト・ソケットリフトメリットと口コミ

サイナスリフト・ソケットリフトのメリットは、骨密度がすくない人や骨が足りない人でも手術できることです。

実際に手術を受けた人の口コミを紹介します。

  • 長期間の治療でしたが、キチンと今の状況や治療の流れを説明してくれたので安心して受けられました。
  • ソケットリフトでうまくインプラントをはめてもらいましたが、2週間後に足した部分の骨が取れてしまい、頭をフルとコロコロなる感じでした。
    即時に摘出と再度骨を作ってくださったのですが、大掛かりになったのでやはり腕の良い意志を選ばないと怖いなと思いました。

サイナスリフト・ソケットリフト費用相場

それぞれの平均費用を調査してみました。

ソケットリフトは、1本約7万円~10万円。サイナスリフトは1本~3本で約20万円。それぞれインプラントの費用にプラスされるので、ソケットリフト約37万円~40万円で、サイナスリフトは約50万円となっています。

サイナスリフトの場合は、インプラントを埋め込むまで半年間かかるので、一度ソケットリフトで対応できないか確認するのが賢明です。